養鶏の仕事ってどんなことするの?


養鶏の仕事って?

養鶏の仕事といっても鶏を飼育するだけにかぎりません。

実際に鶏の飼育をするのはもちろん代表的なものとなっていますが、養鶏にかかわる仕事というものもあります。

例えば飼料の販売などもそうですよね、飼料はよりより鶏、卵を生産する為にもとても重要なものとなってきますからその基本となる飼料にかかわる仕事というのもとても重要なものとなっています。

実際にどのような仕事をしたいのかによりますが中には飼料の開発などを行っているという仕事もあります。

もちろんこういった求人はあまり多く出てくるということはありませんから、養鶏の仕事といったらまずは鶏の飼育ということになりますね。

鶏だけを専門として行っていることろもあれば牧場として他にも牛や豚などの飼育もおこなっていたりとその規模や種類はとてもひろくなっています。

条件などをよく検討してみるとよいでしょう。

養鶏の求人について

養鶏の仕事をしている人の感想は?

養鶏の仕事をしている人の実際の感想というとどのようなものがあるのでしょうか。

「正直養鶏の仕事というよりも牧場で働いてみたいということで、バイトで働いてみたのですが、はまってしまいました。最初は臭いなどもあり、あまり楽しくないと思った仕事ですが、毎日の仕事で卵を採取して歩くのがなんだか楽しくなってしまい、結局バイトではなく正社員として働くことができるところを探して就職しました。」といったように大変であることと同時に楽しみを得ることができる仕事となっているようです。

もちろん一日の仕事の流れの中には様々な仕事があり、鶏小屋の掃除など多くのことがありますし、規模の大きな養鶏場などでは、機械化が進んでいたり、卵の仕分けが主となる仕事となっていたりとあります。

自分がどういった形で養鶏にかかわりたいのかといったことも考えながら求人を探してみるとよいでしょう。

養鶏でも時期によってアルバイトなどの求人も結構ありますからまずは体験してみるというのも一つの方法ですよね。