東京の農業求人の特徴


東京の農業について
農業と聞くと地方の農家ばかりが取りざたされますが、日本の首都である東京にも、当然のごとく農家はあります。
東京で行われている農業は都民の食生活と密接に結びついており、実にバラエティに富んだラインナップで農作物を栽培しています。

東京は世界屈指の大都会としての顔を持っている半面、その総面積の3.7%は農地です。
つまり、この3.7%の土地ではしっかりと農業が営まれているのです

クオリティの高い農作物を栽培するには、その周辺環境が良くなければいけないのですが、都市部の多い東京は決して自然の多い土地では無いため、クオリティの高い農作物は育てにくいという印象を受けてしまいます。
しかし、東京都は平成22年から「都市農業経営パワーアップ事業」というものを開始し、東京の農業の活性化に努めています。

東京の農業の求人
農家の減少率は、この日本の農業界において深刻な問題となっていますが、この問題は東京の農家も例外では無いです。

東京の農家の平均年齢は60歳代なので、若い世代の農業従事者の育成が急務となっています。
そのため、農業を始めたいと考えている新規就農者へのサポート策は多く、若い世代の農業希望者を幅広く受け入れています。

東京での農業の求人は、主に野菜農家からのものが多いように感じます。
当然、それ以外の農業からの求人も多いですが、やはり土地柄なのか、ビニールハウス栽培などのスタッフを募集しているのが目立ちます。

【関連サイト】
農業の求人サイト 【比較ランキング!】